旅行でパワースポットを訪れて、温泉に入ろう

旅行は公共交通機関の利用と現地にお金落とすこと

旅行でパワースポットを訪れて、温泉に入ろう 旅行は日頃の心身の疲れをいやすために、普段の行動範囲から大きくずれた場所へ出かける行為となりますが、その多くはいわゆる観光地と呼ばれる地域などへ出かけることになります。そこではそれなりの人が居住していていろんな商売で生活しています。そしてそれらの人の多くは外部からやってくる旅人たちを歓迎します。というのは旅人たちが買ってくれる商品やサービスの収益で商売が成り立つからです。

言い換えれば歓迎されるべき旅行や旅人というのは、現地でお金を落としてナンボの貢献をすることになります。お金を落とさずただやってきて写真だけ撮影するような人たちは、現地の人からすればただの迷惑な野次馬に過ぎません。そのためにはまずは移動手段としてできるだけ、公共の交通機関の利用が推進されなければなりません。公共交通機関の利用で現地の交通機関運営会社にお金落とせるので、現地の運営会社の収益向上または赤字減らしで、存続延命に貢献できるからです。また旅先での渋滞を減らせるしマナーの悪い車の排除に貢献できるようになります。それになによりも自分で運転しないで済むので疲れないで済みます。現地に滞在してる間はできるだけ現地の名物料理を食べるようにすることです。というのは旅先であるにも関わらず普段食べてるようなメニューを食べてるとただのビジネス出張同然の行動となってしまうからです。現地の名物料理を食べることで旅のネタとして広げることに貢献できます。