旅行でパワースポットを訪れて、温泉に入ろう

時差のある国に旅行に行くなら時計の調整

旅行でパワースポットを訪れて、温泉に入ろう 体の中には体内時計があるといわれています。しかしこの体内時計の1日はぴったり24時間ではないとされます。人によって差があり、一般的な人で25時間とされます。この通りに生活していると必ず1時間ずつずれてきます。朝起きた時に朝日を浴びたりすることでこのずれは解消することができるようです。睡眠不足などがあるときには朝日を浴びるようにします。

日ごろは睡眠不足を感じない人でも時差のある国に旅行に行くとなると嫌でも感じます。出発するときは日本での時間で行動をします。しかし現地に着くと全く逆の時間になっている場合があります。そこで行いたいこととして飛行機に乗るときなどに時計を現地の時間に合わせます。すると飛行機の中では現地に合わせて活動しやすくなります。

飛行機に乗ったときに昼間なら普通なら起きています。でも現地の時間に合わせたら夜になっていることがあります。それならしっかりと眠ります。すると現地に着いて目が覚めた時にちょうど朝の状態になっています。逆に夜に出発するときに時計が昼ならできるだけ起きるようにします。仮眠と読書などを組み合わせてあまりしっかり寝ないようにします。現地に着いたときにそれほど時差を感じずに動けます。